スマートドラッグ ドットコム / スマドラの効果と副作用の体験とまとめ

ビンポセチン、カビントン(キャビントン)

カビントン、ビンポセチン個人輸入

概要/

ビンポセチン、別名カビントン
脳の血管に作用して、脳の血流循環を改善するお薬です。脳梗塞の後遺症や脳動脈硬化症の治療薬として使用され、脳内のエネルギー生産を増加させて、脳の損傷を受けた部分を助け、記憶力や知覚認識力を向上させます。瞬時に物事を判断して決断する、「認知・判断・操作」に対しての能力を改善します。

 

脳の毛細血管だけに作用する特徴をもっているので、他の血液循環作用のある薬とは違い、全身の血管を拡張するようなことはないので、急激な血圧の低下などの症状はみられません。脳細胞でのグルコース利用度を上昇させて脳を活性化させます。脳の血管の筋肉だけを緩めさせ、脳の血液量を増加させるとともに、新陳代謝を高める作用もあります。

 

効果と副作用/

公的情報・添付文書

記憶力の向上、視覚、聴覚の改善。

 

含有成分のビンポセチン [Vinpocetine]は別名カビントン [Cavinton]とも呼ばれ、脳を活性化させるハーブとして広く知られており、ヴィンカ・マイナー(和名:ヒメツルニチニチ草、学術名:レッサー・ぺリウィンクル)という植物から取れるアルカロイドの一種です。米国やカナダではサプリメントとして薬局などで取り扱いされており広く使用されています。

 

脳機能向上の為・・・1日2.5mg〜5mgを、1〜2回服用して下さい。
脳梗塞の後遺症や脳動脈硬化症の治療・・・通常1日15mgを2〜3回に分けて服用して下さい。

 

症状によって用法用量は異なりますので医師の指示を守るようにしてください。

 

<副作用>
のぼせ感、、顔面紅潮、頭痛、眠気、めまい、悪心、、食欲不振、腹痛、下痢、嘔吐、けん怠感、発疹、じんましん、そう痒、黄疸、患側肢のしびれ感や脱力感、白血球減少、BUN上昇などがあります。
頭蓋内出血後、止血が完成していない方は絶対に使用しないで下さい。また妊娠希望または妊娠中は、胎仔死亡、流産の可能性がありますので、絶対に使用しないで下さい。
他の医薬品やサプリメントを同時に服用する場合は、必ず医師または薬剤師にご相談下さい。

 

口コミやネットで言われていること

服用量目安 1日3〜6mg

 

ビンポセチンは脳梗塞等の後遺症の治療に代表される記憶に関する医療現場で。脳に障害を持った800人に行った実験で60%の患者に顕著な症状の改善。ビンポセチンの健常者に対するスマドラ的効果は、服用後、脳中でのブドウ糖・酸素の消費速度アップ。つまり、活性化する。ネットでは、視覚、聴覚が敏感になるという効果が報告される。ゲームで鋭くなった反射神経にびっくりする等。

 

特に大脳新陳代謝を活性化、脳内に酸素供給を促す、脳細胞ATPの生成。
視覚機能向上がウリ。反射神経が良くなる感じがする。血圧低下は無い。

 

注)ブドウ糖レベルの向上と書いてあるサイトもあるが、意味がわからない。

 

リンク・まとめ/

個人輸入代行業者(通販最安値・価格情報比較など)

 

 

 

 

 

 

体験談

単独では飲んだことがないものの、複合サプリによく入っているので飲んでいることになります。複合サプリのスマドラを使うときは、あれこれ考えなくて良いので楽ちんなのですが、いったいどの成分が効いているのかわからないのが残念です。

 

その他参考情報

ドラッグマニア 1 http://www.drugmania.net/smartdrug.htm
ビンポセチン

 

用量・用法・・・1日5mg〜30mg(増減)を2〜3回に分けて服用。ピラセタムなどと組み合わせるときは減量する事。
効能・効果・・・強力な記憶力増幅作用、脳内の微小循環改善作用、脳のATP産生能の増強、そして脳のグルコースと酸素消費量の増加をもたらします。
副作用等・・・頭痛、胃腸障害、肝障害、皮膚疾患などが起こることがあります。妊婦への投与は禁忌です。

 

その他・・・最初のヤツは90カプセル入りで1カプセル10mgのビンポセチンを含んでいました。これはちょっと多いんじゃないのだろうかと思いますが、とりあえず一日毎食後飲んでも平気でした。副作用がかなり少なくて、あっても皮膚がかゆいかな、程度です。
ビンポセチンは他の脳循環改善薬と併用することによりその作用を強めることが出来ます。そして、本当かどうかは疑わしいですが、製薬会社の資料によると、ビンポセチンはプラセボ、ビンカミン、パパベリン、ヒデルギン、キサンチノール、ニコチン酸塩、メクロフェノキサート(ルシッドリール)、シンナリジン、ナイアシン、シクランデラート、ジフェニドール、イフェンプロジルと比較して、その作用がこれらより有利であると言う報告がなされています。
そしてビンポセチンは脳の微小循環を改善するだけでなく、様々な原因による目の病気に対してもその改善効果が見られ、投与したうちの約70パーセントの人で病気が改善したというデータもあります。
そしてさらに、ビンポセチンは感音難聴の治療にも用いられていて、もう何でもあり状態です。
あと、まだ未確認な情報ですが、インフルエンザにも効果があるらしいです。

 

これらの作用を出すもとになっている薬理作用の一つに、中枢の電位依存性ナトリウムチャネル遮断作用が関わっているという報告がなされています。


ドラッグマニア 2 http://www.drugmania.net/kansouvinpo.htm
これはたぶん即効性。飲んだその日にいきなり変化を感じました。その変化というのは、視野がものすごく広くなったことが一番強烈に実感した事でしょう。最初は何も気が付かなかったのですが、なぜだかいつも通っている電車から見る景色がいつもと違って見える・・・。歩いていると、何年間も通学していたのに今まで気がつかなかった建物の全体像などが目に飛び込んでくる。さすがにこれにはびっくりしました。
ピラセタムの効き目がいまいちはっきりとは分からなかった私としては、もう、すごい、の一言につきます。(一応ピラセタム400mg併用しています)いずれ格闘ゲームやシューティングゲームでビンポセチンを使って効果のほどを確かめてみたいです。とにかくビンポセチンは、目にキます。

 

それ以外にも、部屋の隅っこにある物とかが目に入ってくるようになる感じがしますね。
絶対見過ごさないような感じで。

 

効果を確かめたらまたアップします。


http://www.geocities.co.jp/HeartLand/4028/vinpocetine.htm
Vinpocetine
商品名 Vinpocetine(ビンポセチン)

 

 

<POINT>
 @脳の血管だけに作用するので、全身の血圧低下を防げる。
 A脳の血流を改善させ、記憶力・知覚認識力をアップ。
 B情報を瞬時に判断し、適切に処理する「認知・判断・操作」のすべての能力を改善。

 

<用法・用量>
●頭を良くする目的
1回2.5mg〜5mgを1日1〜2回。
●各種脳機能障害や、痴呆症に効果。

 

<解説>
 ヒデルギンと同じように、ビンポセチンも脳の血液循環を改善させる薬で、脳梗塞の後遺症や脳動脈硬化症の治療薬として用いられています。ただしピンポセチンの特徴は、脳の毛細血管だけに作用するところにあり、ヒデルギンのように全身の血管を拡張させ血圧を低下させるようなことはありません。また脳細胞でのグルコース利用度を上昇させるため、脳内のエネルギー生産を向上させ、知覚認識力を増加させるといわれています。

 

 血管は単なるチユーブではなく、その壁の内部に筋肉があって、血管の径を広げたり狭めたりして血液量を調節する働きを持っています。日々の生活の中では、全身のすみずみにまで常に最大限の血液を供給する必要はなく、例えばご飯を食べた直後にはおなかへの血液供給量を増やし、逆に手足の筋肉への供給量を減らすというようなま調節が刻々と行われているわけです。

 

 脳の血管も同じように、収縮したり拡張したりして、血液の供給量を変化させることができます。ビンポセチンを使用すると、脳の血管の筋肉だけを緩めさせ、脳の血液量を増加させるとともに、新陳代謝を高める作用があります。

 

 脳の血液量が増加することは、頭を使ったり記憶したりする時に有効ですが、その他にも、ビンポセチンには面白い効果が見られます。目から入ってきた情報を瞬時に判断し、適切な処理がとれるようになるというもので、いうなれば反射神経が向上したような感じです。このことは、ビンポセチンを服用してビデオゲームなどをプレイしてみれば一目瞭然で、3Dシューティングゲーム(2Dでも)では迫り来る敵の攻撃を鮮やかによけられるようになるし、格闘ゲームでは敵の動きを瞬時に見切ることができるようになります。

 

 このことはゲームだけにとどまらず、日常生活においても役に立ちます。自動車を運転する時に使えば、視野の端まで良く見えるようになり、危険を察知する能力が向上し、適切なハンドル操作とペダル操作で安全に運転できるようになるのです。自動車教習所で習った「認知・判断・操作」のすべての能力が向上す瑠香らです(教習所に通っている人がビンポセチンを飲めば、指導員にハンコを捺してもらえず、追加の教習を受けらければならなくなる回数が減るかもしれません)。スマートドラッグは机に向かって勉強したり仕事したりするときだけに役立つものではなく、日常のあらゆる場面で、より良く生活していくためのものなのです。

 

 「動脈硬化」という言葉は、誰でも聞いたことがあるでしょう。本来、血管は弾力性があり、ビニールチューブやゴムホースのように柔らかく自在に曲がり、収縮したり拡張したりして血液の適量を調節することができるようになっています。しかし、動脈硬化が起こると、血管はまるで炎天下に置いたホースのように硬くバリバリになり、折れたり亀裂が入って破れやすくなってしまいます。
いくらビンポセチンが脳動脈硬化症の治療に用いられるからといって、そうなってしまったものを元に戻せるわけではありません。食生活に気を使って動脈硬化を防ぐことも、「スマート」な生活においては大切なことなのです。

 

ビンポセチン http://www33.ocn.ne.jp/~shinma/drug/drug001.html
ビンポセチン(Vinpocetine)は別名カビントン(Cavinton)ともいい、ハンガリーで開発された、
キョウチクトウ科の植物ビンカに含まれるアルカロイド製剤(植物に含まれるアルカリ製
の薬用成分)です。
ビンポセチンを摂取することにより、脳の抹消血管を弛緩させ血流を潤滑にし、脳細胞の代謝を
改善するほか、グルコース(ブドウ糖のこと。脳が使用できる唯一のエネルギー源。)
と酸素の消費を高める作用があり、日本では脳卒中後遺症、
脳動脈硬化症などに用いられています。脳障害の患者だけでなく一般の人間にも効果があり、
短期的な記憶・認識力を高める、といわれています。この薬の最大の効果を得るためには
長期服用(約1年)が必要となるみたいです。

 

この薬の服用を始めると日常の視覚も以前よりはっきり見えるようになります。
実際、目の病気や難聴の治療にも用いられているようです。
副作用として血圧を少し下げるので眠気、めまいが起こることもあります。

 

用量・用法・・・1日5mgを3回に分けて服用。



TOP スマドラ 複合サプリ マイルドサプリ コラム