スマートドラッグ ドットコム / スマドラの効果と副作用の体験とまとめ

【重要】個人輸入に関する法規制について

医薬品の通信販売は法令で禁じられています。通販禁止は、かつて処方箋が必要な医薬品だけでしたが、現在(2011年)は、薬局で一般に売られている薬の通販も禁じられています。

 

ただし、医薬品を個人で輸入するのは、法律で禁じられておらず、処方箋がなくても輸入可能です。医薬品を輸入することや、輸入した医薬品を服用することは個人の責任でする限りにおいて違法ではありません。例えば、国内未承認の抗がん剤は、高額であるが最新の治療効果が期待できるとしてあえて輸入して使う人は多いです。また、男性のハゲの薬、バイアグラ、女性の妊娠検査薬などの輸入は比較的自由に広く行われています。ほかにも禁煙補助薬等の輸入も多くの人がしています。個人輸入は、輸入代行業者をつかうと英語はいりませんので、ほとんど通信販売のように気楽に輸入することができます。個人で使うために、個人で輸入することは違法ではありません。それについて手続を代行してもらうのも違法行為ではありません。

 

しかし、個人使用目的であるかのごとく装って、販売するために大量に買ったり、在庫をたくさん抱えて転売したりするのは違法です。無料で他人にわけてあげるのも違法です。そのようなことはなさらないよう十分に注意してください。薬事法をはじめとして、法律や厚生労働省令等の全ての法規制は、国民の生命身体を守るためにあり、医師業界、薬剤師業界の既得権益を守るためにあるのではありません。法律および政令があなたも含めた国民全体の健康を守ろうしている趣旨をよく酌み取って、自己責任で行うようにしてください。

 

処方箋が必要な医薬品は医師薬剤師の指導のもとで服用するようにしてください。また、個人輸入はあくまでも自己責任が原則となります。このサイトでは、個人の幸福追求のためやクオリティーオブライフの向上のために、代行業者の存在をお知らせすることを主要目的としています。さらに、信頼おけない業者による詐欺等の被害を防止するという副次的目的のために、大手業者からの入手方法の解説しています。特定の医薬品の効果効能を宣伝したり、販売や営業の目的で売買を勧誘するものではありません。ここでとりあげている代行業者は、大手で実績があるので安心できますが、他の代行業者さんを利用される場合には、評判や口コミを保障するものではありません。

 

また、一般的に輸入代行業者のHPは薬品を検索しなければ発見できない仕組みになっています。一見、使いにくいウェブサイトになっていることが多く、これは厚生労働省の行政指導によるそうです。その行政指導の趣旨は、当該薬品の正式名称を知り効果効能を知っているような専門知識のある者が輸入をするという建前からです。もちろん、行政府はそのような規制的な行政指導によって国民の生命身体の健康を守ってくれているのであり、知識が不十分であったり、量や回数などについて誤った服用方法をするおそれがある人は、たとえ自己責任であるとはいえど個人輸入をして薬を使うべきではありません。適正な量と回数を医師薬剤師の指導の下でコントロールしてください。たとえば、オーバードズといわれるような過剰な服用による依存症や重度の副作用の危険にはくれぐれもご注意ください。


TOP スマドラ 複合サプリ マイルドサプリ コラム